So-net無料ブログ作成
« 前の1件  |  -

デアゴスティーニの53号はI-16

 ご無沙汰しております!
 今年に入って仕事に忙殺されて、更新する時間もとれませんでした><;
メールでご心配してくだった方、元気でおりますので、申しわけありませんでした。生きております。一段落してたっぷり寝て、ようやく復活しました。
ということで、久しぶりの更新です。
issue_53_1.jpg

デアゴスティーニの第53号はソ連の名機、I-16

 デアゴスティーニの第53号の内容が出ていました。今度は、ソ連のポリカルポフI-16です。似たような機体にアメリカの競技機のジービー モデルZ(1931)がありますが、これも高速度を狙った機体でした。I-16の設計者であるニコライ・ポリカールポフ技師の持論は、「胴体は短いほど高速が狙える」ということでしたので、ジービーモデルなどの技術を参考にしているかもしれませんね。
Gee_Bee_Model_Z.JPG
ジービー モデルZ。実際には操縦が超難しい機体でした。
I-16.PNG
I-16の三面図。ずんぐりむっくりしていて人気なんです。

 さて、このI-16、初飛行は1933年。この時代はまだ複葉機全盛の時代でしたので、人力とはいえ、引き込み脚や単翼のこの機体は、配備当時は世界最高速を誇りました。

 ただ、この時期の航空機の進歩は目覚ましく、日本でも九五式戦闘機ヵら九七式戦闘機。ドイツのHe51複葉戦闘機からメッサーシュミットBf109と、高性能の戦闘機が現れたことで、不運にも「ヤラレ役」を演じることになってしまいました。
 それでも。数多くのタイプが生産され、8,600〜9,500機もの総生産数を誇り、数多くのエースも生み出しています。

発売は来年の2月6日
issue_53_2.jpg
中華民国空軍機を再現なんですが、
どうせならロシア語のスローガンが入った気合たっぷりの機体が
良かったと思うのです。

I-16_010-1e1eb.JPG
過去に製作した144スケールのI-16 デカールは全て自作。

※通販最安店の駿河屋さんでも中古品で「デアゴスティーニ第二次世界大戦傑作機コレクション」を扱いはじめています。掘出物があるかもしれませんよ♪要チェックです。
 価格帯は1,100〜1,400円(税込)くらいです。
→駿河屋【中古】デアゴスティーニ第二次世界大戦傑作機コレクション


こんな記事もどうぞ

来たよ(17)  コメント(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー
« 前の1件  |  -
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.
一眼レフの特徴