So-net無料ブログ作成
« 前の1件  |  -

デアゴスティーニの49号はコルセア再び!

issue_49_1.jpg
えぇぇ、また〜(-_-;)

デアゴスティーニの第49号はコルセアの海兵隊バージョン

 デアゴスティーニの第49号は16号で発売されたコルセアの所属と色違いバージョンです。えぇ、またぁ。前回はこれ・・・
コルセア前.jpg

海軍のF4U-1A
で、今回がこれのようです。
コルセア.jpg
これもF4U-1A。アメリカ海兵隊第111海兵戦闘飛行隊を再現

海軍と海兵隊の違いはあれど、型番も同じなのです。着艦フックの有無などの違いが見られるのでしょうか。せめて爆装状態にできればその違いも楽しめるのですが・・・。どうかなぁ。

F4U-1A.jpg
1/32スケール・タミヤのエアクラフトシリーズの箱絵

艦上戦闘機から戦闘爆撃機へ

コルセア_01.jpg

 さて、このコルセア。個人的には大好きな機体なのですが、デアゴスティーニでは一機で十分な気がします(笑)。それより機種を増やして欲しいところです。うーん、台所事情なのかなぁ? 機体の特徴といえば、まず目を惹く逆ガルですよね。ある意味、一番の分かり易い特徴でもあります。
 この逆ガルウイングは、2,000馬力級のP&W R-2800エンジンの特性を最大限に活かす直径約4mの巨大なプロペラを上手く使うための苦心のデザイン。艦上戦闘機として頑丈な主脚をなるべく軽量化するためにW字型にしたものです。

 この逆ガルウイングは、安定性が向上するために戦闘機としては運動性が落ちるというデメリットがあるのですが、ドイツの有名な急降下爆撃機のJu87など爆撃機には最適な翼ともなります。
 最初の量産型であるF4U-1に続いて1943年夏に登場した改良型はF4U-1Aと呼ばれています。視界改善のためにセミバブル型キャノピーを採用するなどの改良が加えられ、最大1,000ポンドの爆弾を搭載しての爆撃任務も可能になりました。
タミヤのコルセア.jpg

 ソロモン諸島で日本海軍の零戦と激戦を繰り広げ、連合軍の勝利に貢献しました。
 第二次大戦後半から朝鮮戦争まで第一線で飛び続け、優れた搭載能力を活かして戦闘爆撃機へと進化を遂げたコルセア。その転機となった重要なタイプがこのF4U-1Aと言われています。

タミヤのコルセア2.jpg
※通販最安店の駿河屋さんでも中古品で「デアゴスティーニ第二次世界大戦傑作機コレクション」を扱いはじめています。掘出物があるかもしれませんよ♪要チェックです。
 価格帯は1,100〜1,400円(税込)くらいです。
→駿河屋【中古】デアゴスティーニ第二次世界大戦傑作機コレクション


 
今日の成田.jpg
本日のA滑走路は北風。事務所からは離陸ではなく着陸ばかりでした

 住み込みでお手伝いをしている友人の会社の成田営業所、今日ではや9日目です。今日は、配送業者がこぞって配送を間違えたり、荷物を忘れたりでドタバタした一日でした。加えて私も含め、全社員とバイトまでが凡ミスをするというなんとも大変な一日(笑)。
 大事なのはミスはミスとして指摘をするのですが、大事なのはそこに乗せる感情。
「余計な仕事を増やしやがって」という怒りの感情なのか、「何回も同じミスをするな」という責めの感情なのか。、「大丈夫、誰にでもミスがあるから次回から改善していこう」という励ましの感情なのか。人それぞれですが、仕事の出来、不出来、仕事能力の差というものは社内いじめの温床にもなります。いじめをストレス解消発散にするには私の職場では望みません。私の仕事のモットーは仕事を真剣に機嫌よくやること。過大なプレッシャーをかけたり、ストレスがかかるような仕事のやり方は社長も私も望まないのです。

危険物表示.jpg
 危険物表示の段ボール箱を使った荷物。中身が衣類でもこの段ボールですと海外発送が出来ません。こういうのも社員が自分で事前に見つけやすいようにさりげなく注意しておくのも大事な仕事なのです。

 そして大事なことは、そのミスがお客さんに迷惑をかけないようにすること。ミスが出たら責める前にいち早くフォローをしていかないといけません。自分が怒られるとか、自分が帰りが遅くなるとか、自我に基づいた感情はなるべく排除していきましょうと一人ひとりにアドバイスをした日でした。
 私のようなお手伝いの身としては、社員さんやバイトの人がお互いに気分よく仕事ができるように根回しやフォローに徹することなので、今までの経験をフルに活かして頑張ることにしています。職場が悪感情が拡大する前に手を打ち、ギスギスしないように楽しく仕事ができるように根回しをするのも私の重要な仕事なのです。
HPC.jpg
 明日の仕事がミスしないよう、みんなが効率よく仕事ができるように整理し直しておくのも私の役目。明日も機嫌よく全員が仕事ができますように(^^)
 

こんな記事もどうぞ

来たよ(29)  コメント(4)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー
« 前の1件  |  -
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.
一眼レフの特徴