So-net無料ブログ作成
検索選択

ボーイング787シリーズ新型、初の試験飛行

 800px-All_Nippon_Airways_Boeing_787-8_Dreamliner_JA801A_OKJ.jpg
ボーイング787-8(Nippon Airways Boeing 787-8 Dreamliner JA801A)Wikipedia

ボーイング787の新型機787-9が初飛行したらしいですね。

 787といえば、777に次いで日本でも2年前から導入された次世代中型ジェット旅客機です。ドリームライナー(Boeing 787 Dreamliner)といわれ、今までは大型機でないと飛行できなかった距離もボーイング787シリーズを使うことにより直行が可能になりました。最近の燃費の良いエンジンを搭載していますね。
 
 色々とトラブルも多く、最近の航空機開発は基本設計意外の電気系統や装備品の不具合が多い感じです。開発費を分担させるため国際共同開発が多いせいもあるように思います。参加企業は下請けを含めると世界で900社に及ぶといいますからその管理も大変でしょうし。
 
→ボーイング787のバッテリー問題
 
 ちなみに日本では三菱重工業を始めとして数十社が参加、日本企業の担当比率は合計で35%(使用されているパーツや重要性を考慮すると実質60%を上回ると言われています)で、ボーイング社とほぼおなじ割合の担当比率を占めています。日本の技術が活かされたカーボン複合材などを大量に使用していることもあり、準国産機とも言われるくらいの日本の力の入れようです。
 
 それ以外にも数々の最新技術を取り入れているのですが、専門的すぎてマスコミも上手く報道していないように思います(笑)
 
しなる翼〜外観で特徴的なのが主翼です。これまでのものよりも細く長いのですが、なんといっても飛行中に翼がしなるのは旅客機では初の試み。これは是非乗って、地上で静止している状態との違いを見てみたいですね。
 
800px-B787-2139.jpgエンジンのギザギザ〜これも特徴的です。シェブロン・ノズルと呼ばれる形状で、エンジンから噴出される空気の流れを攪拌することで、騒音を低減するためのものだそうです。
 飛行機の「オール電化」〜ちょっと昔の飛行機ですと動翼などを動かすのは油圧式が当たり前でしたが、この機体はついにオール電化になりました。
コックピット〜アナログ計器の廃止とオール液晶パネルのフル・デジタル・コックピットになりました。古い人間からするとちょっと怖い感じもしますが未来的なデザインですね。800px-787-flight-deck.jpg
 
それ以外にも室内の照明がほぼLED化されていていたり、加湿器を客席に採用することでノドや鼻が乾燥でカラカラになる状態から解放されるとのこと。
 
 
 さて、そんな最新技術を取り入れたおかげで開発も遅れてしまいましたボーイング787ですが、すでに色んな派生型も開発されています。近い将来、空港でそのタイプの違いを楽しめるかもしれません。
   
 
787-3 
航続距離6,500kmと、交通量が多い路線を的にした296座席(2クラス制)の短距離型です。発注していたのは日本の航空会社で ある全日本空輸と次いで発注した日本航空のみで、事実上日本専用モデルなのですが、開発スケジュールの遅れのためにこれらの発注は787-8に振り替えられ、2012年3月現在での787-3の発注数は0機です。翼端の切れ上がった形が特徴的で好きだったのに幻の機体になりそう・・・。
 
787-8 
787型機の基本型がこちら。航続距離15,700kmで、座席数223座席(3クラス制)で、最初に開発されたモデルでもある。2007年にロールアウトしたのですが、色々と遅れ、結果として全日本空輸に初号機が引き渡されたのは3年以上遅れの2011年9月でした。2013年6月現在、B787として実際に製造されている唯一のモデルです。
 
787-9 
今回初飛行を行ったのがこの機体。787-8の胴体を6m延長し、座席数を259座席(3クラス制)にしました。2013年7月27日にロールアウト。上手くいけば来年にはニュージーランド航空に納入されます。受注状況からすると、787の全体の4割がこの787-9になりそうです。
 
787-10 
座席数290席のさらなる胴体延長型。エアバス社のA350-900に対抗するために計画されたモデルであり、同社の777-200ERと競合しています。787-10の航続距離は1万2964kmで、座席数は、300から330席となる見込みだそうで。2018年頃から各地の空港で見ることができるかもしれません。
 
 
1/144スケールですから、迫力満点。JAL版とANA版が発売中。

1/144 ボーイング 787-8 JAL ドリームライナー

新品価格
¥3,400から
(2013/9/19 01:34時点)

1/144 ボーイング787-8 ANA ドリームライナー

新品価格
¥3,818から
(2013/9/19 01:28時点)

ANAファンでプラモを良く作る人は持っていても損はなし。

ANA旅客機カラーセット CS571 【HTRC3】

新品価格
¥756から
(2013/9/19 01:35時点)

1/200ダイキャストモデルで完成品はこちら。空中姿勢の主翼(しなる感じですね)が美しいモデルです。

全日空商事 1/200 787-8 JA801A 特別塗装機 主翼 空中姿勢

新品価格
¥9,908から
(2013/9/19 01:30時点)

地上姿勢バージョンです。

全日空商事 1/200 787-8 JA805A 787ロゴ付き国際線仕様機 主翼 地上姿勢

新品価格
¥10,276から
(2013/9/19 01:38時点)

ユナイテッドも良く見ます。

SKYMARKS 1/200 ユナイテッド航空 B787-8

新品価格
¥4,200から
(2013/9/19 01:43時点)

こんな記事もどうぞ

来たよ(33)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 33

コメント 2

楽しく生きよう

787には期待しているので、どんどん派生型出て欲しいです。
by 楽しく生きよう (2013-09-19 19:54) 

onemore

楽しく生きようさま
こんばんは、787は日本の技術によるところが大きいですよね。
胴体を短縮した短距離便形の派生型もみてみたいですね。
by onemore (2013-09-20 01:51) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.
一眼レフの特徴