So-net無料ブログ作成
検索選択

田宮模型から初の旅客機のプラモデルが発売。FDAエンブラエル175

packagelarge copy.jpg

 田宮模型というと、私たち大人だと1/35の戦車などのミリタリー模型、若いお父さんや子どもたちはミニ四駆などのイメージが強いかと思います。
 今度発売される旅客機のプラモデルは、なんと田宮模型では初めてなんだそうです。何十年もの実績を誇る大手のメーカーだったので驚きでした。

TAMIYA.jpg

 まあ、でも国産機が脚光を浴びているので、MRJを出すのも良いことかなと思いきや、なんとブラジルの小型ジェット機「エンブラエル175」だといいますから二度ビックリ^^;

 どんなプラモデル?と思い調べてみましたが、静岡市に本拠地をおく、大手の物流企業の「鈴与」が2009年から始めたフジドリームエアラインズ(FDA)という、地域の航空会社のプラモデルなんです。
 田宮模型といえば、静岡県というのは有名ですので、同じ地元のよしみということで今回、開発となったのかなと思います。それなら納得ですね^^

 このフジドリームエアラインズ、カラフルな機体で有名で、保有している11機の機体すべてが違うカラーリングということで注目を浴びています(4号機と11号機は同色)。


 いやあ、カラフルで良いですね。ロゴだけ一緒でボディカラーが全部違うという、今までにない発想だと思います。これはプラモデル化したくなる理由も分かります(笑)
 しかも、この機体のタミヤカラーも揃えていますので、お好みのカラーのフジドリームエアラインズが作れます。
 

Cap 114 copy.jpg
large5 copy.jpg
 プラモデルなので塗装は必須なのですが、尾翼のマークやロゴはデカールを揃えてくれていますので、そんなに難しくなさそうですね。
 もっともタミヤのHPでは、完全塗装済みキットも発売されていますので、作るのが無理という方にはこちらもオススメです。
92196-351.jpg
 価格は19,440円と、プラモデルの6倍はしますが、手間暇考えると格安だと思います。タミヤのオンラインショップで発売中!


プラスチックキットの方ですが、安心のタミヤなので問題なく組めそうです。

10388845n copy.jpg
large1 copy.jpg

 操縦席内部もしっかりと作られています。

large2 copy.jpg
窓枠はデカールになります。
large3 copy.jpg
 ダブルバブル構造という丸を二つ重ねた胴体の形が特徴的。
 胴体内径の違いから、座席幅、通路幅、天井高、足元居住性に優れています。
MRJのライバルになる飛行機ですね。
large4 copy.jpg
カラー指示図もカラフルですね。
10388845t2 copy.jpg
10388845t3 copy.jpg
一番人気はグリーンだそうです。
この機体、JALでも採用されていますね。


ホビーサーチさんでは更に詳細な画像を見ることができます。

→ホビーサーチ タミヤフジドリームエアラインズ エンブラエル175(プラモデル)


【最安店は?】
通販では駿河屋さんになります。先ほどの完成品も33%OFFの13,000円(税込)はお得ですね。
(タイムセール2016/07/27 13:55~2016/07/28 00:59まで→12,300円(税込)!)



 これ、エフトイズさんで1/300スケールの食玩で全カラー出したら売れると思います!
というかコンプリートしたい。
こんな記事もどうぞ

来たよ(44)  コメント(7)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 44

コメント 7

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
僕も画像縮小ソフト使ってますよ。今の画質・枚数で
1000本以上記事が書ける見込みです(^^)
by johncomeback (2016-07-27 10:26) 

caveruna

私はシンプルなのが好きです。
カラフルだと、なんか生き物みたいですね(笑)
by caveruna (2016-07-27 14:01) 

tsumi

FDAの飛行機、素敵ですね!携帯とか何でも色のバラエティーに富んでいるものを見るとワクワクしてしまいます^^
私だったら何色に乗りたいかな~なんて想像すると楽しいです。
黄色とか赤、可愛いですね*^^*金も乗ってみたい!
by tsumi (2016-07-28 01:34) 

ワンモア

★ johncomeback さま
 画像の容量って限られたブログでは大事ですよね(*^^*)

★caveruna さま
 持論なんですが、飛行機のデザインは、鳥系と魚系に別れるような気がするのです。どちらも流体力学に関係するのですが、最近は魚系が多いような感じです。

★tsumi さま
 このエアラインに一度、搭乗してみたいなぁと(笑)
 私なら金かグリーン!
by ワンモア (2016-07-28 04:14) 

ロートレー

経済的にも社会的にも、ハチャメチャと見えるブラジルが航空産業の担い手の一翼なのには驚きですね~
かつてドイツ帝国の技術者が流れ着いたとか想像してしまいますが
真実はどうなんでしょう?

by ロートレー (2016-07-28 14:17) 

ken

精巧なFDAの飛行機、カラフルなタミヤカラー、
色々と楽しめそうですね・・・(^。^)
by ken (2016-07-28 16:06) 

ワンモア

★ロートレーさま
>かつてドイツ帝国の技術者が流れ着いたとか想像してしまいますが真実はどうなんでしょう?

ブラジルは戦争中もナチス政権と仲が良かったので(ヒトラーブラジル逃亡説もあるくらい)、当然、技術提供も受けていたのではないかと・・・。
 アルゼンチンにはFw190で有名なクルト・タンク博士もジェット機の開発に行っていますね。

★kenさま
 全カラー揃えたくなります(*^^*)
by ワンモア (2016-07-28 20:36) 

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.
一眼レフの特徴