So-net無料ブログ作成
検索選択

海上輸送と航空輸送の割合と民間機航空機のお初。

◆日本に来る荷物、海上と航空の割合はどのくらい?

 お仕事の関係で通関関係のことを学んでいますが、外国から日本国内に運ばれる輸送手段としては、海上輸送と航空輸送の2つになります。まあ、島国ですから鉄道輸送は無理ですしね(*^^*)

 では、どちらの方が量が多いのかというと、輸出でも輸入でも、海上輸送の方がダントツなんです。
 重量ではなんと約99.7%が海上輸送です。もう輸送のほとんどですね。しかし金額ベースでみるとその海上輸送の比率は76.7%に下がるそうで(2013年度社団法人日本船主協会調べ)。
 

9d02e76149b68fa428649984fb7e165d_s copy.jpg

 航空輸送は重量で見ると極々僅かなんですが、金額ベースでみるとその比率は23.3%とかなり高めです。なんでかというと、金額の高い高価な商品を運ぶ割合が航空輸送の方が多いということなんですね。
 貴金属など、単価が高くて軽量なものは、早く送れる航空輸送が使われることが多いという訳です。船便は安いけど、来るまでに何日〜何ヶ月もかかることがありますし、ビジネスで考えると回転率のよい航空輸送を利用した方がかえってお得になることも。

0efcc8dd45316b22432b7f98844ac441_s copy.jpg
海上輸送にするか、航空輸送にするか?
Cargolux_B747-400F copy.jpg

◆民間機は郵便貨物が最初のビジネス

Model40.jpg
1920年代の郵便機ボーイング・モデル40

 さて、人類の歴史を振りかってみても、船で荷物を運ぶのは千年以上も前から行われていました。航空貨物輸送なんてここ百年くらいのこと。船は貿易の大先輩なのです。なのでこの比率も致し方無いこと。

 それでもライト・フライヤーたちの「とりあえず飛んでみた。」の世界から、実用化として使えるレベルになるまではあっという間でした。
755344ffe9b0e0453dfe89c5131b2a46_s copy.jpg 1911年には不定期ながら郵便物を運ぶ試みがされています。次に旅客を試みますが、この当時はせいぜい一人か二人、旅行というより冒険に近いかたちでしたので、これはもう少し飛行機の発達を待つことになります。
 第一世界大戦が終わって、飛行機が本格的に実用化されてくると、輸送ビジネスが本格化してきます。
 最初に成功したビジネスモデルは「郵便物」でした。重要な情報、
大事な人の手紙などは時には「金貨」よりも価値があるもの。早く届けたいという需要には航空機はピッタリな乗り物だったかもしれませんね。
 郵便物輸送に特化した飛行機が第一世界大戦後に続々と開発されていきます。
民間航空の主要な役割は郵便物を運ぶことだったのです。

 『星の王子さま』の
サン=テグジュペリも、大西洋単独無着陸飛行のリンドバークも、みんな郵便航空操縦士パイロットだったんですよ。
 そして、スピリット・オブ・セントルイス号
ライアンM2型という航空機郵便機なのです。
Cap 501.jpg
スピリット・オブ・セントルイス号

 戦後、航空機が大型化し、旅客機も安全に運行できるようになると、郵便輸送は、大型貨物と一緒に運ぶ方が経済的ということになり、「郵便機」は珍しいものとなってきます。ただ、現在でも離島などの貨物輸送など、経済的で小回りが効く、セスナなどの小型の汎用機はまだまだ活躍していますね。
 個人的には1920年代の時代の郵便機や水上機、飛行艇が大好きです(*^^*)


◆最近流行りの
国際クーリエサービス

 さて、最近は、出荷元から受け取り人のところまで、一貫して受け持ってくれる
国際クーリエサービスなるものが流行っています。
 集荷→輸送→通関→配送までやってくれるので便利ですね。Fedexなどが有名です。
また、日本郵便でも国際郵便の一種であるEMSなるサービスが行われています。個人で送る梱包の数が1〜2個など小口輸入の場合はコストが安いので良いですね。
 でもね、気をつけないとこんなことをされています(開始30秒あたりから目を疑う光景が)。

 アメリカひでぇ〜!!!もし日本でこんなことが行われていたら総バッシング間違いなしですな。なんかこの動画を見ると、ヤマトさんも佐川さんもとても丁寧だなぁと思えてしまいます。お茶でも出してあげたいくらい。

 日本の経済が発展していくためにはこういう物流がとても大切に思います。色々な技術革新や、制度の革新、きめ細やかなサービスがこれからもっと増えていくかもしれません。
1280px-CSCL_Globe_arriving_at_Felixstowe,_United_Kingdom.jpg
これ全部コンテナです・・・。スゴイ量。

<関連記事>


→本日はリンドバークが大西洋単独無着陸飛行に成功した日です。

→今日はリンドバークの命日でした。

→サン・テグジュペリと星の王子さま

こんな記事もどうぞ

来たよ(34)  コメント(5)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 34

コメント 5

caveruna

いまだに、飛行機が飛ぶのも、大きい船が沈まないのも
不思議でなりません(笑)
by caveruna (2016-09-06 14:41) 

アニ

韓国の海運会社ハンジンの問題で、今後物流が大混乱しそうです(^_^;)
by アニ (2016-09-06 18:18) 

Hide

ワンモアさん今晩は〜
便利で有名なFedexはカ〜〜〜ット!驚き〜酷いです@@
クロネコさんには冷たいお茶を出していますよ〜3Q〜
by Hide (2016-09-06 22:55) 

bpd1teikichi_satoh

ワンモアさんおはようございます〜
妻の付き添いで整形外科外来で診察を待っています。
爺は海上輸送に興味があります。言うまでもありませんが、日本は島国なので、今も昔もシーレインディフェンスは、
日本の存続に非常に重要です。勿論、空の運輸も又、重要
ですが。
by bpd1teikichi_satoh (2016-09-07 09:21) 

ワンモア

★caveruna さま
 元、設計屋の私も不思議でなりません(笑)

★アニさま
 ハンジン・・・記事にしようかと思いましたが止めました。なんでああなるのでしょうか・・(;^ω^)

★Hideさま
 Fedex、日本国内なら大丈夫だとは思いますが(;^ω^)

★bpd1teikichi_satohさま
 海上輸送はちょっとハマりそうです。コンテナターミナルって大迫力ですよね。色々と調べてみます。またお時間のある時にお立ち寄りください〜(*^^*)
by ワンモア (2016-09-07 17:49) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.
一眼レフの特徴