So-net無料ブログ作成

バードストライクの深刻な問題。鳥と飛行機の安全。

 20代の頃に紀尾井町のオフィス街で働いていたことがあるのですが、太陽の暖かい光を浴びてうつらうつらとしていた時に(仕事中)、いきなりガラス窓に何かがぶつかる衝撃音が。びっくりして飛び起きたのですが、原因は鳩でした。外から見ると鏡のようなビルなのでガラスに写る背景が本物の空と見分けが付きにくいために度々起こるそうです。
 思わず、航空事故で多いバードストライクを思い出してしまいました。今回はその話を。

オフィスビル.jpg
鳥にとってはかなり迷惑のガラスのビル

バードストライクの深刻な問題

 バードストライクとは、鳥が飛行機にぶつかる事故で、離陸や着陸時など速度が比較的遅く、高度が低い時に起こりやすいのです。いわば飛行機にとっても一番緊張する時間。
 たとえば日本だけでも年間1,500件以上のバードストライクが発生しています。これかなり多いですよね!
 小鳥程度の大きさと重量でも飛行機は時速何百キロメートルで移動していますので、その衝撃たるやすごいものです。特に飛行機などは、いかに軽くするかが至上命題ですので、想定外の箇所への衝撃には非常に脆いのです。
Impactos_con_aves.jpg
機首だとこんなにも破損することも
UH-60.jpg
操縦席にまで飛び込んできた鳥 あわわ

 そういえば、以前、朝日新聞の記者がTwitterでこんなことをつぶやいて、速攻で突っ込まれていましたな。


格安航空ピーチの主翼にへこみが見つかり、札幌往復の2便が欠航しました。鳥がぶつかったと見られていますが、そんなことでへこむものなんでしょうか? -

 朝日新聞デジタル 北海道報道センター

 うーん「そんなこと」?仮にも記者なんですから想像力をもっと働かせましょうよ。時速500km/hで鶏肉1キロぶつけられたかどうなるかとか。この後、一般人に総ツッコミされて「勉強になりました」とのコメントがありましたが、大丈夫かなぁ・・・。
 さて、このバードストライク、翼や胴体ならまだしも、
ジェットエンジンが主流の現在では、空気吸入口(エアインテーク)に吸い込まれる事故も多く、最悪の場合はエンジン停止にもなりかねません。
 現実に映画化もされた”ハドソン川の奇跡”とも言われたUSエアウェイズ1549便不時着水事故は、大量の鳥の群れに遭遇し、両エンジンとも停止してしまったことによる事故でした。
カナダガン.jpg
衝突したカナダガン。小型でも4kgもあります。

 鳥は完全即死状態になりますからいい迷惑なのですが、こっちも当たりどころが悪ければ状況次第で墜落の可能性もある位、危険な事故なのです。ちょっと閲覧注意ですが、軍用機であっても、こんなに酷い状況になります。
AMX.jpg
AMX攻撃機にバードストライク!

効果的な対策がないバードストライク対策

 さて、日本だけでも年間1,500件、羽田だけでも200件もある鳥との衝突。航空機の方は操縦席のウインドシールドを多重構造にしたり、エンジンのファンをバードストライク用にチタンにしたりして対策を立てていますが、空港側でも「バードパトロール」なる部所を設置し、散弾銃や空砲、爆竹の音などで追い払ったりしています。
 また猛禽類のハヤブサなどで追い払ったりもしてみたり色々と策を講じているのですが、効果的なものはまだ出てこないようです。
 確実なバードストライク対策ができれば、一つの大きな産業が立ち上がるくらい需要はあるのですが・・・。
バードストライク.jpg
こうならないように対策を立ててはいるのですが・・・。

飛行機以外にもバードストライクは起きている

 このバードストライク、飛行機だけでなく、鉄道や車など高速で移動をしている乗り物にも衝突することがあります。特に新幹線においてはかなりのバードストライクが発生しているようなのですが、フロントガラスに当たらなければ走行に大きな支障がないため報告は少ないようですね。
 また、さきほどのガラス張りのオフィスビルも。灯台の明かりを太陽と勘違いし渡り鳥がぶつかるようなケースや風力発電所でも。

カラス.jpg

これから起こりうる鳥とのトラブル

 さて、もうひとつ懸念されているのが、今流行りのドローン。これ、小型で低速なのですが、鳥にしてみると迷惑な存在。縄張りを進入してきた新種の鳥に見えなくもないので、攻撃されるケースも出てきました。
 海を撮影していたらカモメ、山間部を飛ばしていたら鷹とか鳶など。
 Amazonなどでドローン宅配を試みているそうですが、技術対策もそうですが、個人的に鳥対策をやらないとまずいような気がします。ドローンで運んでいるのが食料品だと分かった際には頭の良いカラスの集団に襲われるような・・・・。これ、対策立てようがないんじゃないの?
 
24f563dea8bb23b853f88e28a9f3d86f_s.jpg

 そういえば、学生の時に普通に歩いていてカラスが後ろからぶつかってきた思い出があります。頭に衝撃を食らい、よろめきかけましたが、カラスもよろよろしながら飛んで行きました。後ろを振り返ったら、ものすごい驚いた顔のお姉さんが・・・・。あんなに驚いた顔みたの初めてでした。人間へのバードストライクだけは勘弁して欲しいです(´・ω・`)


こんな記事もどうぞ

来たよ(31)  コメント(15)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 31

コメント 15

ys_oota

ヒエ!バードストライクってこんなに激しいんですね。オーストラリアでは、900万近くするドローンがワシによって撃墜される事案が発生しているようですね。
by ys_oota (2017-10-11 01:15) 

bpd1teikichi_satoh

バードストライク大変な問題ですね!

by bpd1teikichi_satoh (2017-10-11 04:25) 

YUTAじい

おはようございます。
数年前アップしましたが・・・我が家でもベランダのガラスへ鳩が激突死しました・・・
by YUTAじい (2017-10-11 06:22) 

ロートレー

そういえは、先日きれいな小鳥が差し掛け屋根の上にうずくまって動こうとしない。
窓ガラスに映る樹木にだまされ
2階の窓ガラスに激突して、脳震盪を起こしたようです。
しばらく介抱していたら、そのうち手の指から離れて飛んでいきました。

by ロートレー (2017-10-11 07:12) 

kohtyan

これは深刻な問題ですね。抜本的対策が急務です。
ヒッチコックの映画「鳥」を思い出しました。
by kohtyan (2017-10-11 12:01) 

ワンモア

☆ ys_ootaさま
 900万ドローン撃墜事件、やってましたね(笑)襲いかかるシーンが撮影されていてかわいそうになりました(;^ω^)

☆bpd1teikichi_satohさま
 こんにちは。そうなんですよね。でもこれといった対策がないのも事実です。

☆YUTAじいさま
 あ、そういえば見たような記憶が。ガラスって鳥にとっては怖いものかもしれません。

☆ロートレーさま
 脳震盪ですか。分かるような気がする。私にぶつかってきたカラスもフラフラと飛んでいきました(;^ω^)

☆kohtyanさま
 あの映画も怖いですよね。鳥が意思をもって攻撃してきたらジェット機は飛べなくなるかも・・・・。

by ワンモア (2017-10-11 13:25) 

caveruna

衝撃的です・・・・・・・
操縦席に・・・・私だったら即死します(苦笑)
by caveruna (2017-10-11 18:58) 

ワンモア

☆caverunaさま
 こんばんは〜怖いですよね。鳥にとっても狭い世の中になってきました(´・ω・`)
by ワンモア (2017-10-11 19:15) 

johncomeback

全く関係の無いコメントで申し訳ありませんが、
先週末に「那須どうぶつ王国」で見たバードショーに感激しました(^^)
by johncomeback (2017-10-11 20:08) 

なんだかなぁ〜!! 横 濱男

頭にクチバシから、
バードストライクされたら死にますね。
by なんだかなぁ〜!! 横 濱男 (2017-10-11 20:31) 

ワンモア

☆ johncomebackさま
 那須どうぶつ王国、一度だけいきました(^^)
 
☆なんだかなぁ〜!! 横 濱男さま
 ホントですよね。なんでカラスがぶつかってきたのかは謎ですが、
 くちばしから追突されていたら流血間違い無しですよね( ˘•ω•˘ )
by ワンモア (2017-10-11 21:36) 

JR浜松

新幹線、確かに血で汚れている車両ありますね!
by JR浜松 (2017-10-13 13:07) 

ワンモア

☆JR浜松 さま
 うえっ、私まだみたことないのですが、いや、見たくないなぁ。
by ワンモア (2017-10-14 13:15) 

隊長

綾瀬はるかさん主演の映画「ハッピーフライト」でも、羽田空港でバードストライク対策をしているシーンが可笑しく取り上げられていましたよね。
by 隊長 (2017-10-16 17:11) 

ワンモア

☆隊長 さま
 おぉ、流石お詳しいですね。バードストライク問題、対策できたら、大きな事業になりそうですね(^^)
by ワンモア (2017-10-16 23:55) 

Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.
一眼レフの特徴