So-net無料ブログ作成

無尾翼機の元祖。ドイツHo229について

これも有名で人気のある機体ですね。

ホルテン兄弟の開発した無尾翼機、ホルテンHo229です。

Cap 247.jpg

架空戦記プロジェクトファイターシリーズ01のラインアップからです。

このシリーズはなんとかコンプリートしました。

Ho229_04.jpg

 

解説と残りの写真は続きからどうぞ。

ホルテンHo229は、実際に製作され、テスト飛行まで行っているんですよね。

ですので架空機ではない実機になります。

実機もアメリカ・スミソニアン国立航空宇宙博物館で保管されていますから

是非、復元してもらいたいところです。

こちらは、Me163bの赤い機体を意識した、ウォルフガング・シュペーテ大尉機です。

Me163コメートが配備されていたJG400は実際にはHo229への機種転換が

行われる予定だったということで、あり得た話だとは思います。
 

Ho229_02.jpg

夜戦蛇行迷彩仕様

Ho229_03.jpg

さすがに1/144スケールですと、チープな塗装に見えます。

これは、リペイントするつもりでとってあります


それにしても、このデザイン、約60年前にドイツですでに全翼機で計画され、

終戦時には完成直前段階にあって良好な結果を残していたということですから、

当時のドイツって凄いなと感じます。

【諸元データ】

Horten Ho 229A (V3) 乗員:1名

全長:7.47 m/翼長:16.76 m/全高:2.81 m

翼面積:50.20 m²/自重:4,600 kg/最大離陸重量:6,912 kg

動力:ユンカース Jumo 004B-1 ターボジェットエンジン(推力900kg ×2)

最高速度:977 km/h/戦闘行動半径:1,000km/航続距離:1,300km

上昇限度:16,000 m

固定武装:30mmMK 108機関砲×2 ロケット弾:55mm R4M 爆弾:500 kg ×2

 

【動画】フルCGのHo.229を見ることができる動画はこちらです。カッコイイ!

               【HD】ドイツ空軍 Ho229~蒼空の王者~

こんな記事もどうぞ

来たよ(3)  コメント(0)  トラックバック(4)  [編集]

nice! 3

コメント 0

トラックバック 4

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.