So-net無料ブログ作成

P-38Gライトニングの購入レビュー

 ちょっと遅くなりましたが、エフトイズのウイングキットコレクション(WKC)のVSシリーズ第3弾、ロッキードP-38Gライトニングの購入レビューです。

P-38G_08.jpg


 今回のP-38Gは4種類でそれぞれ2機分、合計8機種が作れます。私が入手したのは、2-Dのアメリカ陸軍第48戦闘飛行体で、デカールで第27戦闘飛行隊も作れます。ダブっても安心ですね。

P-38G.jpg


 パーツ構成はこんな感じ。双胴機だけあっていつもよりパーツは多めです。

P-38G_010.jpg


それぞれの胴体にエアインテークとラジエーターを取り付けます。機首だけ別パーツですが、これは何か次の企画を考えているのでしょう。P-38も色々なバリエーションがありますものね。

VS3P-38G.jpg

 ディテールは細かいですね

P-38G_05.jpg
P-38G_01.jpg
P-38G_02.jpg
P-38G_03.jpg


 ウイングクラブコレクションPart3のP-38Lの時もそうでしたが、機首におもりがついています。これがないと、尻もちついちゃうんですよね。

P-38G_09.jpg

 
 タイヤの造形が溝が深掘りでド派手。削れないじゃん。

P-38G_06.jpg


 気をつける点はプロペラが右回転と左回転用とあります。トルクを打ち消すためですね。

 今回の塗装は非常に繊細でムラや塗装たれもなくいい感じです。リペイントするつもりでしたがもったいない位。いや結局やるんですけどね^^;

◆今回のP-38Gについて


 ちなみにP-38Gは、1943年前半からF型に続いて生産されたタイプです。F型より100馬力近く出力アップのエンジンに航続距離も3,800kmと伸びています。1082機生産で、うち181機が非武装の写真偵察機F-5Aに改造されています。
 ちょっと改造すればいけるかも。
 
 ちなみに活躍した機体はJ型やL型の方で生産機数も2970機、3923機と多いです。アメリカのトップエースのリチャード・ボング(40機撃墜)やトーマス・マクガイア(38機撃墜)が搭乗していて画像が残っているのもJ/L型ばっかりなので、今回は比較的マイナーというか初期タイプを選んで出してきたという感じですかね。

P-38.jpg
 リチャード・ボングの乗機 P-38J(1944年3月)

◆山本長官撃墜機は2−Aの第339戦闘飛行隊
 それでも、有名な山本長官の搭乗する一式陸攻を撃墜したのがこのP-38Gですから、日本では注目機種かもしれません。ちなみにこの時攻撃に参加したアメリカ陸軍第339飛行隊は、2-Aの機種になります。
 ですので、どうせ集まるならこちらの2-Aをオススメです。
P-38G_00.jpg
 第347戦闘航空群第339戦闘飛行隊 
レックスT・バーバー中尉乗機 「147」(1943年4月)


◆シークレットでもあるドイツ鹵獲機塗装
 
今回のシークレットはドイツ鹵獲機ということで、下面がイエローで塗られています。
そういえば、以前ウイングクラブコレクションで作りました。

P-38_01.jpg

P-38_02.jpg
 正確にはP-38Gだったので、今回これで作るという手もありますね。実機の写真も現存しています。
P-38G_07.jpg


<P-38の関連記事>

→彼女の写真を愛機につけて戦場へ〜アメリカトップエース、リチャード・ボング

→エフトイズから「VSシリーズ3」が登場!今度は飛燕I型丁とP-38G

→サン・テグジュペリと星の王子さま

→「星の王子さま」とP-38(F-5E)

→山本長官と一式陸攻、そしてP-38G

こんな記事もどうぞ

来たよ(36)  コメント(2)  トラックバック(0)  [編集]
共通テーマ:趣味・カルチャー

nice! 36

コメント 2

johncomeback

拙ブログへのコメントありがとうございます。
三峯神社の狛犬が狼だと良くご存知ですね。
山中に棲息していた狼を、猪などから農作物を守る眷族・
神の使いとし「お犬さま」として崇めるようになったそうです。
by johncomeback (2016-05-19 15:18) 

ワンモア

★johncomebackさま

>三峯神社の狛犬が狼だと良くご存知ですね。

ソースは「ぎんぎつね」というコミックです(笑)
使いの眷属が狼という珍しい神社だと記憶していました。
一度、訪れてみたいなぁ^^
by ワンモア (2016-05-19 20:54) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.