So-net無料ブログ作成

「生しょうゆ」のやわらか密封ボトルを分解してみた。

醤油_11.jpg
 最近話題の火入(加熱処理)をしていない、しぼりたての生しょうゆ。二重構造の「やわらか密封ボトル」が使いやすくてすっかり我が家の定番となりました。
いつでも新鮮.JPG

 ボトルを押すとしょうゆが出て、戻すと止まるので、一滴から欲しい分まで、自在に調節でき、注ぎすぎることもなく使いやすいですよね。
 最初から最後まで容器が変形しないので、使いやすさが変わりません。
 で、前から気になっていたこの構造はどうなっているのかを・・・。ちょうど醤油が無くなったので分解してみました。
 空気に触れると酸化してしまうので、容器が空気が入らないように潰れて行くのが一番なのですが、そうすると容器が変形していくので使いづらいですよね。
 そこで外側はそのままで中身の容器が潰れていく構造になってます。
醤油_09.jpg
カッターでカット
醤油_08.jpg
解剖しているみたい。中にもう一つ袋がありますね。
醤油_07.jpg
中の袋はビニール袋のように柔らかいです。
醤油_06.jpg
ちょっと醤油が残っていますが、これが醤油袋です。
醤油_03.jpg
中の醤油袋ですが、両端が外側の容器に密着されています。
醤油_01.jpg
醤油袋に麦茶を入れて見ました。
醤油が満タンだと膨らみますので外側の容器に密着する感じになります。
醤油_05.jpg
キャップの内側には丸い穴が見えると思いますが、
醤油が出た分だけ、この穴から
空気を取り込むような構造になってます。
醤油が出る部分も工夫が施されている感じですね。
ボトルを傾けるだけで、ポタポタと落ちる仕組みも素晴らしいですね。
醤油.jpg
赤い矢印が空気取り入れ口で、青い矢印が醤油の出る流れです。

 醤油が出ていく分、空気が別空間に入っていき、醤油の袋を空気で圧縮していく構造です。
うーん、簡単なようでいて、よく出来ていますよね。

醤油_10.jpg
楽しめました(^^)
 そのまま傾けても醤油がドバっと流れない構造になっており、押して醤油が出た分だけ、空気が外側ボトルの中に取り込まれて醤油袋を圧縮し、醤油袋に空気が入らないような構造になっていることがよく理解できました。

こんな記事もどうぞ

来たよ(31)  コメント(8)  トラックバック(0)  [編集]

nice! 31

コメント 8

いっぷく

私も使い終わったばかりでそのまま捨ててしまいましたが、
容器が複雑そうなのでどうしてこんな作り方なのだろうと
思ってしました(笑)
いろいろ考えられているんですね。
by いっぷく (2017-06-29 17:12) 

kinkin


ウチもこのタイプ使い始めたら、以前の醤油差しには戻れなくなりました。
by kinkin (2017-06-29 18:51) 

Cedar

これ、いいと思いますが、醤油出したあとのマヌケな音が笑えますね。
by Cedar (2017-06-30 00:18) 

ys_oota

おお、こういう分解記事大好きです!^^
by ys_oota (2017-06-30 00:25) 

Hide

我が家では、この「しぼりたて」をいつも使っていますが
中は一体どうなっているのか?いつか分解して、と思って
いましたが・・・ありがとうございました!こうでしたか。
アマニ油も、この作りでした・・・
by Hide (2017-06-30 09:43) 

ワンモア

☆いっぷく さま
 こんにちは。先達の発明と努力はスゴイですよね。
 そしてその後、類似品が・・・(笑)
☆kinkinさま
 こんにちは。そうなんです。卓上に置いていても便利ですよねこれ。
☆Cedarさま
 こんにちは。あ、そうなんですか。大量に使うと空気が入る音なんでしょうか(^^)。
☆ys_ootaさま
 こんにちは。分解シリーズにして続けていきたいと考えてます(^^)
☆Hideさま
 こんにちは。油は特に空気に触れるのを嫌がりますから、このタイプ良いかもですね(^^)
by ワンモア (2017-06-30 13:14) 

caveruna

なんかこれ系のボトルって、押すたびにピーピー鳴るんですが、
うちだけですか?(笑)
いちいち気になるので、それが理由で最近は買っていません(笑)
by caveruna (2017-06-30 15:24) 

ワンモア

☆caverunaさま
 こんにちは〜。えっ?そんなに音します(笑)?私はあまり記憶がないのですが、押す時の力加減とか、量とかなんでしょうかね。空気を中に取り込むのでその音なんだとは思いますが。
 そう言われてみれば、ちょっとずつしか出していないような気がしてきました(^^)
by ワンモア (2017-06-30 16:46) 

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました
Copyright © 1/144ヒコーキ工房 All Rights Reserved.